SMグッズ激安通販情報

アナタはS?M?


自分がSなのかMなのか把握している人、どっちなのか分からない人、どちらもいることでしょう。
しかし人間というのはそういった所で非常に曖昧な部分があり、必ずしもどちらというものではありません。
むしろ人はS的な適性もM的な適性もどちらも持っているものなのです。
例えば会社でいつも部下を怒鳴り散らしているような人が、M性感に通っていたり、普段は大人しい人がSEXになると急にオラオラになったりという事は珍しい事ではありません。
普段は本来の自分を隠して、ストレスを貯め込んでいるために、人から見ると違和感やギャップを感じる事になるのでしょう。
自分がSなのか、Mなのかよく分からないという場合には相手に会わせるのが好ましいと言えます。
自分ではちょっとSっぽいかもと思っていても、M役を体験することによって開花する場合もありますし、当然逆のパターンも考えられます。
ではSとMそれぞれの役割とは何なのでしょうか?
まずSの役割についてです。
結構勘違いしている人が多いのですが、Sの役割は単純に苦痛を与えたり、口汚い言葉で罵る事ではありません。
一時的な苦痛を与えたとしても、それによって悦びや快感を与えることが出来なければSを名乗る資格はないでしょう。
究極的な所で言ってしまえばMの心を開放することがSの役割と言えます。
そしてMについてですが、M側はただ待っていればいいというものではありません。
上手くSをコントロールして自分がどのようにしてもらえば快感を得ることが出来るのかという事をS側に分からせなければいけません。
限界ギリギリの苦痛や痛みはより大きな快感を生み出してくれますが、あるラインを越えてしまえば快感を感じられなくなってしまう事すらあるので、自分の限界を超えないように上手くコントロールする必要があるでしょう。
SMとはお互いの信頼関係の上に成り立っている、心と心の繋がりが非常に重要なプレイです。
S側もM側もその点を十分に理解してプレイし、ステップアップしていきましょう。

Facebookでコメント

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

]